生き方を考えさせられる『アソビくるう人生をきみに。 』

スポンサーリンク

こんにちは、さくらこ(@sakurakofuwa)です。

 

読書をしたらアウトプットを実践中です。

また、今年度の目標として、週1冊読破も継続中♪

 

そして今回はブロガーのあんちゃさんの本を読みました。

 

アソビくるう人生をきみに。 好きなことを仕事にして、遊ぶように生きる人生戦略
あんちゃ KADOKAWA 2017年12月14日
売り上げランキング : 55043

by ヨメレバ

 

可愛い女性なのですがすごく下ネタが多いのが

特徴です 笑

 

私自身は下ネタが苦手ということがわかりました←

 

本の内容は下ネタではなく

真面目に理想のライフスタイルを

手に入れた過程が書かれていて

私自身の生き方について考えさせられる一冊でした。

 

レールの上の人生から抜け出す

最近ではもう大学に行くのは当たり前。

誰でもお金がなくても奨学金等で行ける時代で

むしろ大卒ではないと就職やお給料に差ができてしまいます。

 

結構ステータスというものは

日本ではまだまだ重要視されています。

 

子供の頃は

「大人ってなんだかずるくてやだなぁ」

なんて思ったことはありませんか?

 

生きて、年齢を重ねて行くうちに

それが当たり前になってしまい

違和感を覚えなくなってしまいます。

 

「大学に行っていい企業に就職すれば安泰」

そういうレールから抜け出す方法が書かれていました。

 

10年後の自分は先輩

あんちゃさんは以前勤めていた会社の上司に

「あなたの今いる会社の上司は、10年後、20年後のあなたの姿だよ。」

アソビくるう人生をきみに 引用

と言われたそうです。

 

先輩のようになりたくない。

そんなこと、私も中学生時代にも思うことがありました。

 

吹奏楽部に所属していたのですが

あまりにも先輩たちが後輩を責めたり

バカにしたり。

挙げ句の果てには顧問の先生のことまでバカにしていました。

 

どこの部活動でも厳しい上下関係はあると聞いていましたが

嫌気がさして私は辞めることを決意したのを思い出しました。

 

きっと先輩たちも1年生のときに先輩に同じ仕打ちをされたのだろうと

考えは着きましたが

それと同じことを繰り返し続けるのだろうと思うとゾッとしたのです。

 

やはり女の子だらけの部活動なので

同い年の子からの陰口など地獄耳で聞こえていましたが

そういう人間にならなかったので

正しかったのかな、と思えました。

 

私の話ばかりになってしまいましたが

その集合体が変わらなくても

自分自身は変わることができるということを

再認識することができました。

 

他人の目を気にしすぎない

身だしなみなどは多少は気にするべきだとは思いますが

(露出が激しすぎるとか、清潔感がないとか)

自分がやりたいことに対しては

他人の目を気にしすぎないということです。

 

「これをしたらあの子にバカにされてしまう」

「あれをしたらこの子になんて思われるだろうか」

と不安になるかもしれません。

 

実際、私自身もそうです。

 

他人によく思われたいという行動では

自分らしくいられません。

他人好みの人間像だからです。

 

人の目はを気にならなくするためのファーストステップは、

「自分はこう思う」という軸を持つこと。

アソビくるう人生をきみに。 引用

 

この言葉からあるように

自分にはブレブレの軸が存在していることに

気づかされました。

 

もっと自分のことを知る時間が必要です。

 

 

お金を稼ぐことが幸せとは限らない

これには驚きました。

 

お金で買えない価値があるとは聞くものの

大体のものはお金で解決するのが現実なのかな…

と思っていたからです。

 

タワーマンションの上層階に住みたいだとか

みなとみらいに住みたいとか(家ばかり

思っていたのですが

住めば都。

 

現在埼玉に住んでいますが

別に不自由はないですし

都会でも田舎でもないので

人はゴミゴミしていなくて

コンビニや100円均一もあるので便利です。

 

そして、やはり好きな人と暮らしているのが

何よりの幸せだと感じています。

 

その暮らしを続けるには、大金持ちになる必要はありませんね、

確かに。

 

 

好きなことでお金を稼ぐ

稼げることで稼ぐという選択をしがちですが

そういうことだと会社員のころのように

やりたくない仕事も引き受けるのではないでしょうか?

 

やりたいことをしたいからフリーランスになりたいって

思ったはずなのに?

 

それに好きなことなら続けられる可能性が高いです。

 

読んでみて

私は、ブログを書くことが好きです。

小学校4年生の頃に書いたのが始まりで

やっぱり楽しいです。

 

まだ始めたばかりですが

好きなことをして生活ができるのであれば

こんなに幸せなことはありません。

 

他には、絵を描きたいという欲求があるので

上達する過程を載せるインスタや

フリー素材のサイトを開きたいです♪

 

ありがたいお話をありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください