明日と明後日で考える基準を変え続けろ『日本再興戦略』落合陽一

スポンサーリンク

こんにちは、さくらこ(@sakurakofuwa)です。

今回紹介する本はこちら。

『日本再興戦略』落合陽一

 

またもや落合陽一さんの本でございます♪

 

日本は昔から仕事が生活の一部だったから長時間労働

さくらこ
「ワークライフバランス」ってよく聞くけど、落合さんは「ワークアズライフ」と提唱しているんだね!
たかし
オンとオフを区別すること自体これからの時代には合わないみたいだよ。

日本人は働きすぎだと、外国と比較してよく言われますよね。

もともと日本人は長時間労働だったからこそ、その名残があるのだとか。

それはつまり、昔からストレスが少なく、生活の一部として働いていたのです。これは、時間やノルマの労働スタイルで過労すると、心身が持たないことを示している一方で、生産性を挙げきれない理由でもあります。

ストレスが少ないだなんて驚きました。

仕事がストレスと感じないのは、生活の一部であって当たり前のことをしていると考えているからなんですね…?

日本を再興する第一歩として、まず考え方から変えていかないといけないようですね!

 

日本は超拝金主義

さくらこ
お金を稼いでないとか、いい仕事に就いてないとかは、みんな気にするよね。
たかし
特に日本人はそれで判断することが多いみたいだよね。でも、そればかりが人の魅力ってわけじゃない。って言うとなんだか偽善者っぽいって言われちゃうだろうしね。難しい…

私も、気にしていました。

お仕事に就いていないので、お金を稼いでないことが恥ずかしいと思ってました。

今、こうしてブログをやってますが、それで生計を立てられるようになっても、世間の目が怖いって思ったり…

結婚相手を選ぶときに、頻繁に最初に出てくる条件は年収ですが、これは拝金主義でしかありません。

(中略)

まっとうな心を持っていれば、「お金を稼いでいるからすごい」とは思わないはずです。それなのに今の日本では「お金を稼いでいればすごい」というふうになってしまいます。もともとの日本人は、収入を生むことと生み出す価値と資産はそれぞれ異なったものでした。

落合さんのこの言葉に、少し安堵感を覚えました。

働いてない自分を責めなくていいのだと。

また、このような仕事に就いていないと偉くないという風潮があるからこそ、嫌な仕事でも頑張ってしまい、ストレスが溜まっても我慢をして、心がすり減っていくのかと思いました(-。-;

 

人口減少・高齢化が実は日本再興のチャンス

さくらこ
日本は、戦後の人口増加ボーナスで急成長したのだから、人口減少はまずいんじゃないの?
たかし
実はそうでもないみたい。多過ぎれば多すぎるほど意見が食い違うことがあるからね!

日本では度々少子高齢化社会問題を取り上げているので、人口減少はまずいことばかりだと思っていました。

現に、20代の私は将来年金をもらえないだろうと言われているからです。

AIが仕事を奪うのではなく、人間に好きな仕事をさせてくれる!?『10年後の仕事図鑑』落合陽一 堀江貴文

しかし、上記の本に、AIが仕事を代わりにしてくれる未来になるという予想をされているので、まだ希望が持てています^^

社会システムの中で。少子高齢化と人口減少に就いてはテクノロジーで対処していくことができるので、何の問題もありません。むしろ、人口増加の方が大変です。人が増えている状況で機械化を進めていったら「打ち壊し運動」が始まります、我々は人口減少を嘆くどころか、「運よく減少してくれてありがとう」と感謝すべきなのです。

発想の転換と言いますか、こんな考えもあるのだと驚いてばかりです。

 

今の幼稚園には行かなくていい

それよりも、子どもが好きに自分の能力を伸ばせるように、子どもにカスタマイズした教育をしたほうがいい。

(中略)

僕も3歳から6歳までは、家庭教師に習っていました。月曜日はピアノの先生が来て、火曜日は東大の院生が来て算数を教えてくれて、水曜日は公文式を習って、木曜日は実験教室に行って、金曜日は隣に住んでいた画家さんと一緒に絵を描いて、土日はピアノの発表会に参加したりしていました。幼稚園にも一応行っていましたが、習い事の方がメインでした。子どもを教育してくれる人がいれば、別に現代の幼稚園に行かせる必要はありません。

目が飛び出ました←

幼稚園に行かなくていいと…

私自身はヤマハに通っていましたが、それ以外は折り紙をしたり公園を駆け回ったりしてました。

好きなことをうーんとやらせてもらいました。

でも一人っ子なので、幼稚園でお友達と遊ぶことが楽しかったです^^

言われてみれば、習いはしなかったものの、好きなことをうーんと伸ばせた時期だなぁと。

幼稚園に行かずとも、お友達と気軽に遊べれば、確かに行かなくてもいいのかもと思ってきちゃいました 笑

 

『日本再興戦略』落合陽一 まとめ

メディアで話題になっていることと違うことが書かれていたりして、こういう考えいいなぁと感嘆するばかりでした。

すぐに続きが読みたいという気持ちになるのですが、なかなか一回では完全に理解できなくて、でも面白い。そんな感覚です^^

落合さんの天才的考えを読みたい方はぜひ!

 

以上、さくらこさんの書評でした♪

 

目次
第1章 欧米とは何か
第2章 日本とは何か
第3章 テクノロジーは世界をどう変えるか
第4章 日本再興のグランドデザイン
第5章 政治(国防・外交・民主主義・リーダー)
第6章 教育
第7章 会社・仕事・コミュニティ

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください