同棲前に計算すべし!お金の管理をするための生活費の計算方法

スポンサーリンク

こんにちは、さくらこ(@sakurakofuwa)です。

 

同棲前には準備が大切!

とはいっても何をすればいいかわからない?

 

まずはきちんとお金について考えましょう。

同棲に反対の親御さんを納得させるためにも、安心すれば納得してもらえるかも?笑

 

一番お金がかかるのは家賃

大体の方はアパートで賃貸に住みますので、家賃がかかります。

これは、毎月の出費の中で一番かかると予想されます。

どこに住むのかまずは考えて、そこからどういう部屋がいいのか(1LDK、2LDKなど)決めていきましょう。

 

東京近郊に住む方には、埼玉をオススメする記事があるのでよかったら参考にしてくださいね^^

東京に住めないけど、遊びに行きたい!近県埼玉のアパートの探し方

 

私はSUUMOで検索するのが探しやすいと思ったので、使ってみてください♪

管理費や駐車場代金、敷金礼金、光熱費に注意です!

 

食費と日用品も重要視!

住居が決まったら、毎月引き落としの分ではなく、買い物をする分を考えましょう。

特に食費です。必ずお腹が空きます 笑

外食は含めないでスーパーでの食料品の買い物は、2人なら多く見積もっても3万円以内でしょう。

 

他に、トイレットペーパーなどの日用品も買うことを忘れずに!

 

2人の未来のための貯金

同棲をするならば考えなくてはならないことは結婚のことです。

いつ結婚するかは決めてない人が多数だとは思いますが、何歳で結婚したいとか希望があったら、それを仮定して計算してみましょう。

 

例えば3年後に結婚したい場合。

結婚式の資金は250万円するとします。(すごくかかってびっくり)

毎月いくらあったら貯まるでしょうか?

3年=36ヶ月

250万円÷36=約7万円

つまり毎月7万円の貯金ができれば3年後には250万円が貯まるということです!

 

そうでなくても、急な出費はあります。

急に掃除機が壊れたら買わないといけないですし (現に壊れて大出費)

なので、貯金はそういうときのためにもしておきましょう…!

 

2人で支払うもの、自分で支払うものは最初に決めておく

曖昧になっちゃうとあとが大変なので、最初に決めておきましょう。

デート代はこの2人の資金から出すのか、交通費は?外食は?携帯は?

 

参考までに私は

2人の資金→デート代、車のガソリン代、外食

各自→電車代、車のガソリン代、携帯代、病院代

という風に分けてます♪

 

それは各カップルごとに違うと思うので話し合ってみましょう♪

 

生活費のための銀行口座とクレジットカードはあったほうがいい

どちらかの名義で作っておきましょう!

特に買い物を担当するほうで作っておくのがオススメです♪

アパートの引き落とは銀行口座、普段の買い物はクレジットカードだと、後々家計簿もつけやすいです。

家計簿についても書いてあるので見てくださいね^^

節約!貯金!家計簿が面倒にならないためにすること

私は自分の財布と生活費の財布に分けてます。

そこまで徹底したい人にはオススメですが、荷物になるのでそれは好みです 笑

 

同棲するときの生活費計算方法 まとめ

  • どこに住むのか決めて、家賃を算出
  • 生活費・日用品代金
  • 貯金をいくらにするか
  • どこまで自分で支払うのか
  • 銀行口座、クレジットカードの準備

試しに計算してみましょう。多く見積もります。

家賃→10万円

食費・日用品→5万円

貯金→8万円

合計…23万円+予備3万円=26万円

だいぶ余裕を持つとこんな感じです。

切りつめようと思えばもっと切りつめられるので、恋人とよく話し合って見てくださいね^^

 

また、家具家電がついてない場合は購入する必要がありますので、はじめに大きな額が必要になることも考えましょう><

家具家電付きアパートにするのも一つの手ですね♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください