自分を再認識!ストレングスファインダーの結果、それを踏まえての応用

スポンサーリンク

こんにちは、さくらこ(@sakurakofuwa)です。

 

自己分析は就活前や受験前にやった人は多いですよね。私もやりました。

「あなたはしっかりしていて、人に何かをしてあげるのが得意です。」といった感じのことが書かれていました。

適職は、医師、教師、宗教家でした。

とりあえず、医療系でも教職教科も履修していなかった私はさくらこ教を名乗って近くの友達40人くらいに会員シールを配っていました←

 

この結果を聞いた友人達は口を揃えて「質問に嘘をついたはずだ〜」と信じてもらえませんでした 笑

この現象は高校時代にもあって、「先生にはならないほうがいいよ〜」と、先生になりたいなんて一言も言ってないのになだめられるという始末!(◎_◎;)

 

というように周りからの私の印象ではこういうしっかりとした職は向いてなさそうと見えたようですが、適性はあると診断がされたので、面白いなぁと思いました。そこで今回は、ブロガーさんの中で流行っているストレングスファインダーで才能を確かめてみようと挑戦しました!

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0
トム・ラス 日本経済新聞出版社 2017-04-13
売り上げランキング : 34

by ヨメレバ

 

 

ストレングス・ファインダーの結果は戦略的思考だらけ

受け方についてはこちらのサイトを参考にしました。

先に私の結果をご紹介。

  1. 着想
  2. 内省
  3. 分析思考
  4. 学習欲
  5. 調和性

赤色の戦略的思考が1〜4位を占めていてかなり偏っています。

 

バランスが取れてないと落胆してしまいそうになりましたが、戦略的思考が特徴であるのでそこをアピールできれば、自分の才能を活用できる!とポジティブに考えることにしました。

物は考えようですね^^

 

才能を開花させるために理解して、愛して、活用!

才能を開花させる3ステップを参考に、開花に挑戦!

①自分の才能を理解する

ストレングスファインダーの本により詳しく資質が書かれているので、それを自分に合わせてまとめることにしました。

  1. 着想…異なる物事の共通点を見つけ出すのが得意。デザインや新商品開発など新しいアイディアを考える仕事が向いている。頭で考えるのが好き。アイディアは全ての人にすぐに伝わる訳ではないので、具体的にして伝えるべき。
  2. 内省…頭脳活動を好む。哲学や心理学に興味を持つ。考えたことを日記にに書き込むことで、新しいアイディアが価値ある洞察へと発展していく。考える時間、書く時間を設けるべき。
  3. 分析思考…自分自身が客観的で公平であると考えている。データを好み、パターンとの関連性を探し出す。論理的で厳格であるのを好む。データ分析、アイディアを整理するような職が向いている。
  4. 学習欲…学ぶことが好きで、その学ぶプロセスに心惹かれる。技術的な能力が必要な職が向いている。学びたいという気持ちを行動に移すべき。学習に没頭しているときは、時間を忘れて集中してしまう。
  5. 調和性…対立から遠ざけて調和に向かわせようとする。全員が賛同できる道を選びます。電話の勧誘やセールスなど、人と対立する職務は避けるべき。調和を生み出そうとする努力を利用する人だいるため注意すべし。

 

1〜4は戦略的思考という共通点があるため、似ています。頭で考えて行動するのが好きで、新しいアイディアを現実的に生み出すことが得意だとわかりました。5の調和性が加わることで、周りの人との関わり合いについて、全ての人がい気持ちになれるようにさらに頭で工夫を凝らすのだと思いました。

 

②自分の才能を受け入れて愛す

自分の才能を理解して、特に受け入れたくないと思う資質はなかったので、簡単に受け入れられます。笑

 

過去の自分の成功体験と照らし合わせてみます。

幼少期は、「学習欲」が大きくて、夢中で好きなことに折り紙や工作などに没頭していた。その頃からどうすればその作品が活かされるのか、便利になるのかを考えていた。新しいアイディアを生み出すのは「着想」の資質からだと思われる。それが出来上がると達成感が味わえた。

小・中学校時代、自分の思い通りにならないと喧嘩になっている人が多かった。そこで「分析思考」からその対立はどういう理由で生まれたのかを考察して、「調和性」から両者が納得行くようになだめることができた。友人から信用されたように思えた。

大学生になると、話し合いや討論、発表が増えた。「内省」の頭脳活動を紙に書き出して、自分の考えを自分で理解した上で、それを意見することができた。教授から、アイディアが素晴らしいと褒められたのが嬉しかった。

資質を知った上で思い返すと、「あの体験はこの才能があったからなんだ。」と嬉しい気持ちになりました^^

こうすることで、才能を愛することが完了しました。

 

③自分の才能を意識的に使う

さらにこちらの記事も参考にして才能を紙に書き出しました。

今回は第1位の「着想」で考えてみます。

  • バルコニー(強み)…新しいアイディアを生み出すのが好き。
  • ベースメント(弱み)…飽きやすい。抽象的・概念的な考えに興味を持ってもらえない。
  • 開発された(他社のためにも使われている)才能…他の人が気がつかにところに、いいアイディアを提供できる。
  • 未開発の(自分のために使われている)才能…アイディアを考えられても、具体的に説明ができていない。

となりました。

それを図に表します。(裏紙バレてますね、すみません 笑

 

「ベースメント×未開発の才能」から考えていきます。

 

【現状】飽きやすい。アイディアが具体的ではない

【これからできること】色々なことを始める。自分の頭の中を説明できるようにする。

【未来】新しいことをし続けて飽きない。良いアイディアを他の人にも伝えることができる。

 

一つ一つ考えていけば改善できる点が見つかります。これを他の資質でもやったら、才能がもっと開花されますね♪

 

自分の才能を開花させて、もっと自分を好きに♪

才能を知るだけでも十分楽しいと思いましたが、それを活かしてこそのストレングスファインダーでした。

頭脳で考える資質が多かったので、もしかしたら考えていることが伝わっていないために適職診断結果を信じてもらえなかったのかもしれないと気がつくこともできました。

考えていることを、言葉や図で表していったら、私の考えを伝えられるのでそこを意識していこうと思いました♪

 

最近話題の図解を、好奇心旺盛な私も挑戦してみようっと♪笑

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください